読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snow2501’s diary

ボルダリングとたまに岩

イボルブ アシマ 2ヶ月後レビュー

アシマを履き始めて2ヶ月経ったので再レビュー

 

アグロを履いている人はちょくちょく見かけるが、アシマを履いている人にはまだ会ったことがない

取り扱い自体が少ないからか、ターゲットが狭すぎるのか、その両方なのか

でも私にとってはもう一生これでいいと思えるくらいはまったシューズ

 

拘束が強くシューズの中で足が動くことがないので、足との一体感は抜群、どんなホールドでも置きたいように置けるし踏み込める安心感がある

ヒールカップが普通の靴かというぐらい浅いので、足入れが非常に良く着脱もしやすい

その見た目からヒール掛けたら脱げそうと言われることがあるが、そんな心配は全くなく、遠いホールドを取りに行く際のヒールフックでもしっかり掛かってくれるし脱げそうになったこともないし、ちゃんと掛ければ滑って外れそうになることもない

トゥラバーは足の甲の前半までありフリクションが良いため、トゥフックもよく掛かってくれて、足がきれにくく痛みも少ない

ソールは厚さの割りに柔らかく、エッジも鋭いので、慣れてしまえばどんなに小さい、薄いホールドでもエッジングでとらえられる

ターンインは小さめなので、インでもアウトでも乗せやすい

爪先だけのダウントゥは遠いスタンスをかぎ爪のようにとらえてくれる

垂れたホールドや壁へのスメアリング性能も良く、ヤスリを合わせたかのように滑ることが少ない

 

何より私にとって良かったのは、上半身への負担が軽減されたこと

胸筋を痛めたのは動きに筋力が追い付いていなかったからというのが大きいとは思うが、

足使いが下手で上半身ばかり酷使していたのも原因のひとつのように思う

アシマを履いて足が信頼できるようになったことで、下半身から持ち上げる動きの感覚が分かってきたおかげか、胸筋の痛みはほぼ無くなりつつある

 

ただ、スラブだけ、どうもうまくはまらない

片足スクワットが要求されるような立ち込み系の課題だと、爪先の形状が邪魔をするようだ

ということでスラブだけは今のところフューリアでという贅沢な使い方をしている

 

これが私の感想だが、ネットを探してみてもアシマの日本語でのレビューはまだ見たことがない

足型でシューズが合うかどうかが決まるのはクライミングシューズ全般に言えることだと思うが、アシマは特に足を選ぶシューズだとは思うので仕方ないかもしれない

それ故廃番になってしまわないか、それだけが不安だ

アシマちゃんのモデルだからその心配はないとは思うが…

ベロの部分が改良されたモデルもいずれ出るかもしれないらしいので、ストックはそれを待って購入しようと考えている

 

足が細い、甲の薄い人にはとにかくお勧めしたい

近くに販売しているところがなくても、ぐっぼるオンラインなら試し履き無料交換を利用できる

私がぐっぼるで購入したのもそれが決め手だったので、気になっている人は是非見てみてほしい

と、宣伝みたいだが、田舎に住んでいるとぐっぼるのような通販サイトは非常に助かるというだけで別に回し者ではない

 

アシマ仲間もっと増えないかな