読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snow2501’s diary

ボルダリングとたまに岩

イボルブ アシマ 2ヶ月後レビュー

アシマを履き始めて2ヶ月経ったので再レビュー

 

アグロを履いている人はちょくちょく見かけるが、アシマを履いている人にはまだ会ったことがない

取り扱い自体が少ないからか、ターゲットが狭すぎるのか、その両方なのか

でも私にとってはもう一生これでいいと思えるくらいはまったシューズ

 

拘束が強くシューズの中で足が動くことがないので、足との一体感は抜群、どんなホールドでも置きたいように置けるし踏み込める安心感がある

ヒールカップが普通の靴かというぐらい浅いので、足入れが非常に良く着脱もしやすい

その見た目からヒール掛けたら脱げそうと言われることがあるが、そんな心配は全くなく、遠いホールドを取りに行く際のヒールフックでもしっかり掛かってくれるし脱げそうになったこともないし、ちゃんと掛ければ滑って外れそうになることもない

トゥラバーは足の甲の前半までありフリクションが良いため、トゥフックもよく掛かってくれて、足がきれにくく痛みも少ない

ソールは厚さの割りに柔らかく、エッジも鋭いので、慣れてしまえばどんなに小さい、薄いホールドでもエッジングでとらえられる

ターンインは小さめなので、インでもアウトでも乗せやすい

爪先だけのダウントゥは遠いスタンスをかぎ爪のようにとらえてくれる

垂れたホールドや壁へのスメアリング性能も良く、ヤスリを合わせたかのように滑ることが少ない

 

何より私にとって良かったのは、上半身への負担が軽減されたこと

胸筋を痛めたのは動きに筋力が追い付いていなかったからというのが大きいとは思うが、

足使いが下手で上半身ばかり酷使していたのも原因のひとつのように思う

アシマを履いて足が信頼できるようになったことで、下半身から持ち上げる動きの感覚が分かってきたおかげか、胸筋の痛みはほぼ無くなりつつある

 

ただ、スラブだけ、どうもうまくはまらない

片足スクワットが要求されるような立ち込み系の課題だと、爪先の形状が邪魔をするようだ

ということでスラブだけは今のところフューリアでという贅沢な使い方をしている

 

これが私の感想だが、ネットを探してみてもアシマの日本語でのレビューはまだ見たことがない

足型でシューズが合うかどうかが決まるのはクライミングシューズ全般に言えることだと思うが、アシマは特に足を選ぶシューズだとは思うので仕方ないかもしれない

それ故廃番になってしまわないか、それだけが不安だ

アシマちゃんのモデルだからその心配はないとは思うが…

ベロの部分が改良されたモデルもいずれ出るかもしれないらしいので、ストックはそれを待って購入しようと考えている

 

足が細い、甲の薄い人にはとにかくお勧めしたい

近くに販売しているところがなくても、ぐっぼるオンラインなら試し履き無料交換を利用できる

私がぐっぼるで購入したのもそれが決め手だったので、気になっている人は是非見てみてほしい

と、宣伝みたいだが、田舎に住んでいるとぐっぼるのような通販サイトは非常に助かるというだけで別に回し者ではない

 

アシマ仲間もっと増えないかな

チョークバッグ製作

ボルダリングを始めて1年2ヶ月

実はまだちゃんとしたチョークバッグを持っていなかった

始めたてのころはとりあえず100均の手頃な巾着袋で代用

2つ目はお気に入りだったショルダーバッグを改造し、口にマジックテープを付けてチョークバッグ仕様に

しかしだいぶ古いものだったため、すぐにぼろぼろになってしまった

 

そろそろちゃんとしたものを買わねばと色々探してみたが、なかなかこれだ!と思うものに出会えない

大きめで両手がすっぽり入って、倒れない、へたれない、できれば外で汚れてもすぐにきれいにできるような素材がいいな、なんて考えているうちに、じゃあ自分で作ればいいじゃんという結果に至った

 

まずはデザイン

どうせ自分で作るなら、アシマとお揃いにしよう

素材はフェイクレザーにすれば汚れても拭きやすいかな

形はボックスタイプで、粉チョークでもつけやすいように口は広くとろう

中は触って気持ちいい感じがいいな

といろいろ想像を膨らませていたらいてもたってもいられず、仕事中に型紙を書き、その日のうちに材料を買って、出来上がり


f:id:snow2501:20170311114502j:image

 

 サイドはアシマを横から見た感じに
f:id:snow2501:20170311115522j:image

 

正面はトゥラバーとシューレースに見立てたポケットを装着

f:id:snow2501:20170311115656j:image

ガンダムの顔みたいとか言われたけど気にしない

 

中身はマイクロファイバーの玄関マットを円筒状に縫ってチョークができるだけ舞わないようにカバーを縫い付け

f:id:snow2501:20170311115929j:image
f:id:snow2501:20170311120007j:image
外側の合皮だけでは弱かったが、厚い玄関マットのお陰でしっかり自立させることができた

制作時間はトータルで8時間程

 

使い勝手は上々

ジム使用には申し分ない

外でも一度使ったが、少し大きすぎたので、今度はもう少し小さく丸められるようなものも作ってみようと思案中

 

裁縫なんて高校生の時に部活でウェディングドレスを作った時以来だが、どうやら何かを作るのは好きらしい

これからも思い付きでいろいろ作ってみよう

アロンアルファの威力

近頃クライミングジムの新規オープンのスピードが異常と度々聞くが、

熊本も例外ではなく、最近市内にまた新しいジムがオープンした

オーナーがまさかの別のジムでの顔見知りの方だったのには驚愕し た

 

料金は若干高め設定だが、広さは十分、壁は80度から140度にルーフまで、

そして何よりホールドが豊富なので十分価値がある

自宅からは若干遠く、車でしか行けないのが難点ではあるが、その楽しさからホームジムを変更することになりそうだ

 

初めて足を踏み入れたのはオープン2日目

課題を片っ端から触り、気づけばオープンからクローズまで1日中遊んでいた

 

で、タイトルに戻るが、チョークの乗っていない新しいホールドはざりざりして痛い

夢中になって遊んでいたら、 中指の付け根のマメが底からめくれて血が出てしまった

手のひらの外傷は初心者の頃以来久しぶりの経験

とりあえず絆創膏とテーピングで覆ってその日は登っていたが、場所が場所だけに治療がしずらい

傷パワーパッドを貼ってもすぐに剥がれてしまう為、どうしようか考えていた。

 

そういえば昔弓道をしていた頃、 マメが破れたらアロンアルファで固めていたことを思い出し、今回も試しにやってみた

方法は簡単、患部を洗い、アロンアルファを直接塗って乾かす、を 2,3回繰り返すだけ

塗った瞬間はなかなかの激痛だが、 その後は全く剥がれずしっかりカバーしてくれて沁みることもない

4-5日で自然に剥がれるのでそのまま放置することができる

 

何がすごいかというと、 今回の怪我は塗った翌日の朝には痛みを感じなくなり、

薬等一切使用していないにも関わらず、 自然に剥がれた時には怪我が完全に治っていたのだ

 

アロンアルファ自体人体に使用していいかと言えば、 説明書にはそんなことどこにも書かれていない

しかし、使用してはいけないとも書かれていない(粘膜はNGというのは明記されている)

あくまで自己責任ではあるが、 絆創膏でカバーしずらい箇所にはもってこいだと個人的には思っている

周囲の人に勧めると基本的に引かれる使用方法ではあるが

流血しようが登りたい衝動を抑えられないクライマーには選択肢としてありだと実感した

 

まあ、何より一番はけがをしないことだ

コンペ初参戦

2/5

初のローカルコンペ参戦

お知り合いに懇願し一緒に申し込んでもらい、ウーマンカテゴリでの参加

 

何しろちゃんとしたコンペは初めてだし、正直今の実力では奇跡が起きても到底決勝に残れるとは思わないが、それでも参加した理由は、始めて一年でどれぐらい登れるようになったか知りたかったため

 それと、強い人を間近で見たかったから

ネットを探せばいくらでも動画は転がっているが、生で本気の強い方々を見られる機会はそうそうない

 

どんな練習をしたらいいとか、どう強ければいいとかは全くわからないが、とにかく楽しみで仕方なかった

 

そして迎えた当日

朝から雨だったためか、気温はさほど低くならず、外で凍えながら待機という事態は避けられた

 

カテゴリは全部で4つで、参加人数は90名超え

 予選はセッション方式で7課題

40 分・30分の2ラウンド

この日のために新調されたであろう豪華なホールド達が一杯に散りばめられている

壁を見ただけでテンションは上がりっぱなしで若干引かれていたような気がしなくもないが、とにかく早く登りたくてうずうずしながら自分の番まで待機

 

開会式が終わり、1グループ目を観戦しながら軽くアップ

横で小学生位の女の子達がキャンパスボードでアップしているのには参った

懸垂はできるけど手だけで上に上がるとかできないよ…

 

時間が迫って来て、緊張感がじわじわとやってくる

それはとても懐かしい感覚だった

大学時代の部活の試合以来だ

社会人になってからこの感覚を味わうことができるなど思ってもいなかったため、さらにテンションはMAX

 

この日の為に必死でしもやけをケアしたお陰で履けるようになったアシマをきつく結び、いよいよ予選スタート

登る順番などは考えても仕方ないため、まずは番号順に回ってみようと順番を待つ

 

1課題目

f:id:snow2501:20170207203453j:image

体感5級くらい?100ºの壁でボテについた黄色いホールドからスタート

道中はガバばかりだったが、ゴールがあまり良くない

横に並んだ2つのボテをそれぞれの手で保持してゴールだったのだが、なんとなく出しづらかったので、右手用のホールドに先に左手を出してマッチしてから送るという選択をしたら一撃できた 

右手を出した人が落ちる割合が多かった為、ある意味正解だったかもしれない

f:id:snow2501:20170207205413j:image

 

2課題目

f:id:snow2501:20170207203610j:image

これも同じ壁で5級くらい

青いホールド

ゴールがあまり良くなかったが、なんとか保持して一撃 

f:id:snow2501:20170207205437j:image

 

3課題目

f:id:snow2501:20170207203654j:image

ピンクのホールド

130ºの壁なのできついかと思いきや、優しいホールドばかりで体感は6級くらい?

特に苦戦せず一撃

 

4課題目

f:id:snow2501:20170207203727j:image
あっ…これ…飛ばなんやつや…

120º位の壁についたオレンジのホールド

スタートホールドから、せり出しているルーフのホールド(写ってない)にダイノしなければならない課題

飛び付き先がでっかいガバだって言ってもさ…この感じは飛んだことないよ…

とりついてみたもののあえなく失敗しヘッドスライディングしかける

 

5課題目

f:id:snow2501:20170207204314j:image
あっ…これ…痛いやつや…

145ºの壁にスタートホールド黄色、その後青いホールド

必然的に抱き抱えてから1手目を取りにいく

ということは 一の腕がガリガリ擦られるということ…しかもほぼ体験したことのない傾斜…

案の定1トライ目は1手も出せず

 

6課題目

f:id:snow2501:20170207204443j:image

黄色いホールド

また出たルーフ…

しかもこれ上の方はほぼ逆さまになりながら抜けなんとじゃないと…?

1手目の小ガバは取れたものの2手目が遠く取れず

 

7課題目

f:id:snow2501:20170207204551j:image

ホールドが4つしかないのにこのでかさ…

これが世に聞く贅沢ホールドか!!

ひとつひとつがとにかくでかい

アナウンスが総額20万以上ですよ~と何度も言っていたのはちょっと面白かった

1手目は…まあ…ランジだ…

案の定止まらず敗退

 

一通り触ったあとは5課題目と7課題目を少しトライして時間切れ

40分てこんなに短かったっけ…

 

次のラウンドまで1時間以上あったはずだが、3グループ目のエキスパート組に見とれていたり、お知り合いの方々の動画を撮っていたらあっという間に2ラウンド目

 

30分しかない…どうするか…

始まってみると4課題目と6課題目には長い行列ができていたため、5課題目と7課題目に集中することに

まずは5課題目にトライ

5トライ目くらいで1手目が止まり、なんとか掴んでいくもボーナスまではたどり着けず

その後数トライでゴールが掴めた…っ…悪い…っ 

耐えられずに落下…

次こそは…とトライするものの、一の腕が擦り切れて血が出る一歩手前の状態にまでなってしまっていたため、断念

7課題目へシフト

 

7課題目はランジがなかなか止まらなかったが、ご一緒した方が止めたのを見てやっと止めることができた

そして上部の小ガバを取り、………ゴール遠くない?

決して悪くはなさそう…でも遠い…

思い切って何度も飛んだが、その度に後ろへダイブ

触れるも止められず

時間は無情に過ぎ、あえなくタイムアップ

 

結果は3完登2ボーナス

こうして私の初めてのコンペは幕を閉じた

 

その後お知り合いの方々は皆帰ったが、決勝が見たかった為に一人残留

女性の決勝は4人中3人が中学生か小学生位…

強かった…

男性陣も若い子が多く、本当に見応えのある決勝だった

 

ライミングのいいところは、どんな年代で始めても楽しめることだと思う

だが、若い頃から出会えた人は幸運だとも思う

小さな子達がするすると登っていく様は感動すると同時に嫉妬さえ覚えてしまうこともある

30をすぎて始めるクライミングは非常にハードだ

 

だけど、そんなことを言っていても仕方ないので、少しずつでも前進していけるよう、これからも楽しみながら登りたい

コンペの楽しみも知ってしまったので、もっと色んなコンペに出てみたい

 

ボルダリングに出会ってから、毎日が楽しい

色んな人達とも日々出会える

素敵な趣味に出会えてよかったと心から思う

これからも思う存分楽しんでいきたい

しもやけ

アシマが届き数日

 

すごい飛べる!すごい踏める!すべらない!ヒールすごいかかる!

と毎日感動しながら登っていた

が、とうとう冬の風物詩が発現してしまった

しもやけである

 

もともと極度の冷え症で、毎年寒くなると足の指が真っ赤に腫れ上がり、

ひどいときは水ぶくれにまでなってしまうのだが、

今年は暖かい日が続き、その苦しみを味わわずに済んでいた

 

しかし、1月半ばの急激な寒波の到来で足の指先は一息に全滅してしまった

 

しもやけは一度かかると暖かくなるまで何をしても治らない

これは毎年の事だったし、今までは若干痛いだけで慣れっこなのであまり気にしていなかった

だが、今年は違う

アシマが履けない 何ならフューリアも若干辛い

アシマは本当にぴったりサイズだったので、腫れ上がった指では足を入れただけで激痛が走る

足の指を折り曲げて履く靴なんて一体誰が作ったんだと見当違いな八つ当たりをしてしまいたいくらい痛い

それでも無理して履いたら指の皮が破れたので諦めた

 

なので今年は冷え症を治そうと本気で考え実行中

まず冬にパンプスなどという愚行をやめ、ズボンの下にタイツ、さらに厚手靴下・スニーカーorブーツで通勤

見た目が更に幼稚になるが致し方ない

そしてトウガラシエキス入の軟膏を毎日寝る前に塗布

更に血行促進のためビタミンE接種(主にピーナッツ類)

夜はしっかりお風呂につかる

(冷水と温水交互につけるのが良いとも聞いたが、あまり効果が実感できなかった)

そして現在養命酒を始めようか悩み中

 

…残念ながらまだ効果は出ていない

 

再びアシマに足を通すことができる日はいつなのか…

イボルブ アシマ レビュー

1/6

予約していたイボルブのアシマが届く

通販は抵抗があったが、サイズ交換無料ということで思い切って購入

実寸23.5cm、普通の靴は24~24.5cmで、今回はUS7を選択

これの購入に至った理由は、自分の足型が少し特殊な形状をしているため

まず足の指が非常に長い

その為シューズの中で曲がると第二関節が大きく上がるので、攻めたサイズだったりトゥボックスが低いと当たりすぎて耐えられなくなる

また横幅は狭く、甲が薄く、かかとのボリュームもなく、全体的に細長い

 

ジムでサイズの近い人の様々なシューズを試させてもらったが、どこかしらがはまらず合いそうなものには出会えないでいた

今履いているフューリアのサイズはEU38.5でサイズとしては少し大きすぎるが、ターンインが強すぎるためかこれより小さいものは指の激痛で履けなかった

その為トゥ部分から足の甲までのフィット感は良いのだが、ヒールの余りが大きく、シビアなフックだとヒール部が潰れてかかりが悪かった点だけが残念だった

 

さてアシマだが、まず第一印象はとにかく細い

足入れの際レースを緩める必要はあるが、すんなりフィットし余る部分がどこにもなかった

第二関節は若干痛いがそのうち慣れてくれそう

ソールはかなり厚い

シャンクレスなので柔らかいかと思いきや、このソールで剛性はかなりのもの

 

同じくらいのサイズを履いている男性何人かに履いてもらったが、足を縦に折り畳まれるような拘束感で履いていられないらしい

 

少年少女ターゲットなだけに、大人で合う人は少ないのかもしれない

 

登ってみると、柔らかいフューリアとあまりに違い最初は感覚が掴めなかったが、踏み込むとかかりが非常に良く今まで滑っていたスタンスもしっかり捉えてくれた

ヒールは浅い作りだが、フィットしているおかげでフックでのかかとの感覚をより繊細に感じられ、脱げそうな心配もない

爪先だけがダウンしている形状は、より強固に掻き込むことができ、ランジやダイノがやり易くなった

傾斜のある壁でも足が残りやすい

どっかぶりは胸の怪我が完治していないため、残念ながらまだ試せていない

一点だけまだ掴めていないのが、足裏でホールドを掴む感覚

フューリアのソールは薄いのでこれができていたが、アシマのソールの厚さに慣れるには時間が必要なようだ

 

実際に履かずに購入するのは少し不安だったが、結果相性の良いものに出会えたと感じている

これからどんどん履き慣らして、さらなるレベルアップを目指したい

外岩2回目

1/1 初詣ならぬ初登り

天気は快晴 真冬とは思えない暖かさ
今回は市内のジムで知り合った面々からお誘いいただき
比叡 タブの木谷エリアへ
国道57号は未だ不通のままだが、俵山トンネルが開通した為
幾分かアクセスは良好になったよう
それでも熊本市からは3時間超の道のり
現地近くで落ち合いエリアまで先導してもらったが、やはりすごい山道
これを切り開いたのかと思うと、開拓されてきた方々には頭が下がる
 
駐車場からエリアまで5分ほど山道を進むと、突然目の前がひらけて巨大な岩が現れる
神宝岩と名付けられたそれは、木漏れ日に照らされて神々しささえ感じる
トポを見せてもらうと聞いたことのある課題がずらり
当然のように段クラスばかり
果たしてこの岩を触ることができる日は来るのか…
 
と、未来の自分像に思いを馳せつつ、登れそうな岩を探してみる
大小さまざまな岩が密集しており、選びたい放題に見えるが、
今の実力では残念ながら登り切れる課題はまだまだ少ない
 
手ごろな7級スラブに取り付いていたところで
ふらっと外国人女性がやってきた
3級・2級をするりと1撃 その登りがあまりに美しい
易しい英語でトライしている人にアドバイスをして颯爽と去って行った
何者だと皆でざわざわしていたが、後から聞いたところ、フランスのワールドカップ代表選手との事
思わぬ遭遇に元旦から眼福
その後デルビヨをトライしていたようで観戦するか迷ったが、今は目の前の岩を楽しむ事を優先
いずれまた遭遇できることもあるだろう
 
その後メリッサがさらりと登った3級にもトライしてみたが、2手目が出る気がしなかったので、
2時間ほど滞在したところで別の岩をちょこちょこと移動
4級・5級あたりを登れたり登れなかったりと一通り楽しんだが、
全てを見るにはまったく時間が足りない事を改めて実感
改めてまずはトポとマットを買おうと決める